中学英語のための小学生の準備について

 

新規お問合せの中で「子どもが公立小学校の英語授業しか受けておらず、中学に入ってから大丈夫だろうか」というご質問をいただくことがあります。中高の英語教育課程や大学入試の難化が広く報道される中、保護者様が心配をされるのは致し方ないことかもしれません。

 

英語教室での学習を経験しないまま中学に入学した場合、お子様が快適に英語学習を進められるかどうかについては、進学する中学のレベルがご自身の能力に合っているかどうかによるところが大きいと思います。

岡山は地方都市ですが、いくつか難関とされる中高一貫校があり、そのような学校の英語や他教科のカリキュラムを見ると、扱われている教材の多さ、進度の速さに「今の中学生は大変だな」と心底思うことがあります。難関校の英語進度についていくためには、とび抜けた英語センスがある方でない限り、入学前にある程度の準備が必要です。中学受験勉強で英語教室に通う時間的余裕がなければ、ご自宅で英単語の書き取りをするだけでも中学入学後の英単語テストに対応しやすくなるでしょう。(もちろん比較的ゆるやかなペースで英語指導を進める中学校もあります)

保護者様がお子様の力を適正に評価されているかどうかも大切なポイントです。進学先で苦労しそうであれば、事前に「決して楽な中学校ではない」としっかり伝え理解させるべきです。英語教育界全体で見るといい傾向ではないのですが、日本の小学校6年時点での英語力の個人差は相当広がってしまったと感じています。

 

一方で、幼い頃から英語教室に通いながらも、中高を通して安定的に好成績を維持する方はごく少数であるように思います。小学生と高校生とでは学ぶ英語の内容やレベルに大きな違いがあるからです。(現代文の科目に例えれば分かりやすいのではないでしょうか)そしてつまずいた時に投げ出さずご自身の問題に向き合う真面目さこそが、お子様の学びを助けることになるでしょう。普段からの努力を称えてさしあげる習慣がお子様の逆境での挑戦を後押しするはずです。

難しいことばかり書いてしまったかもしれないのですが、やはり英語の技能は確実に人生を豊かにします。国内外の情勢を見る限り、その傾向はますます強まることでしょう。お子様が生涯を通して英語と深く関わっていけるといいですね。

home